美容院 汗臭い

美容院で汗だくは困るし恥ずかしい!夏でもカットに行ける対策とは?

暑い季節に美容院へ行くと、汗だくになって困りますよね?カットした髪が絡みつくし、時間のかかるパーマなんて冬しかできない。そんなあなたに汗だくにならない対策を教えます。これでもう美容院での汗に困らないし、恥ずかしい思いもせずにすみます。

私ってにおってる?美容院で汗臭いと心配なあなたへ対策法を教えます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 5分

美容院で汗臭いかも

 

首からケープを巻かれて体が暑い。脇の下や背中はじんわり汗ばんでいるし、私きっとにおってそう。。。美容師さんも汗臭いと思っているのかなぁ・・・。

 

夏の暑い季節に美容院へ行くと、自分の汗臭さが気になりますよね?

 

ここではそんな心配をなくす方法についてまとめてみました。

 

美容院で汗臭いと思われないための対策方法

美容院へ行く前にシャワーを浴びる

美容院へ行く前にシャワーを浴びる

 

汗というのは、出てから時間がたてばたつほどニオイがきつくなります。

 

というのは、汗と皮脂、それに肌のターンオーバーで剥がれた角層(いわゆる垢)が混ざり、それを雑菌が分解するからです。

 

もしシャワーを浴びず、顔だけを洗って美容院へ行ったらどうでしょう。

 

夏場はきっと寝汗をかいているはずです。ということは、夜にかいた汗がそのまま体に残っているということ。これでは、どんどんと汗臭さが強くなってしまいます。

 

ですからちょっと面倒でも、美容院へ行く前はシャワーを浴びましょう。そうすることで、体全体の汗臭さをリセットできます。

 

美容院にいる時間はせいぜい1~2時間程度だと思いますので、このくらいの時間ならニオイが強くなることはほぼありません。

制汗デオドラント剤で汗臭さを防ぐ

制汗剤デオドラント

 

シャワーだけでも十分ですが、そこに制汗剤を使うことで確実に汗臭さを抑えることができます。

 

ほぼすべての制汗剤には、雑菌の繁殖をおさえる「殺菌成分」が配合されています。そのためシャワー後の肌につけておけば、ある程度の時間はにおいの発生を防いでくれるのです。

 

特に脇の下はにおいが気になる部分ですので、ここに制汗剤をつけておけば気持ちに余裕がうまれ自信にもなります。

 

いろんな制汗デオドラント剤がありますが、スプレータイプはあまり持続性がないので避けたほうがいいと個人的には思います。

 

スティックやロールオンなら脇の下に直塗りできるためおすすめ。

 

ただし首回りなどにスティックやロールオンを使うと、ケープを巻くときに美容師さんが困ってしまう可能性があるので注意しましょう。

服のニオイにも注意する

服のニオイ

 

朝シャワーを浴びた。制汗剤もつけた。これでにおい対策はバッチリ!

 

と思いきや、服が臭かったらすべてが台無しです。部屋干しの半乾き臭やすっぱいニオイを放っていたら、どうしようもありませんよね。

 

ですから美容院へ行くときは、ニオイのしない洗ったばかりの服で行きましょう。

 

もっとも、夏場に同じシャツやブラウスを何日も着るということは現実的にないと思いますので、ふつうに洗濯している服ならそれほど気にする必要はありません。

ふつうに清潔にしていればそれほど心配はいらない

美容院でのヘアカット

 

自分のにおいは自分ではなかなかわからないと言いますよね?ですから、いくら対策しても不安は消えないと思います。

 

ただ、先ほどのシャワーのところで書いたとおり、朝に体の汗を流しておけば理論上はそれほど汗臭くならないはずです。そこに制汗剤を使えば、さらに汗臭さを防ぐことができます。

 

つまり、ふつうに清潔にしていてデオドラント対策をしているのなら、自分の汗臭さというのは気にしなくて大丈夫です。あまり神経質にならないようにしましょう。

 

しかも仕事の8時間勤務のように、朝から夕方まで美容院にいるはずはないですよね。

 

ですから上にあげた対策をしていれば、汗臭さは問題ないと思ってくださって大丈夫です。安心してくださいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全記事一覧